WasabiでのAcronis Backup利用について

Acronis BackupはAcronis社が提供するバックアップソフトウェアです。こちらのソフトウェアはAcronis Storageと呼ばれ,使用されるコンポーネントはAcronis Backup Gatewayとなります。こちらのガイドではWasabi Cloud Storageをバックアップ保存先として指定しバックアップを構成する方法を示しております:

  1. Acronis Storageインストールします:

次のリンクを参照してください: Install Acronis Storage

Install1.png

2.管理パネルとストレージコンポーネントをインストールします:

Install2.png

  1. Storage Clusterの作成:

次のリンクを参照してください - Create Storage Cluster

Install3.png

  1. 次の画像のように役割を選択します:

Install4.png

  1. Service(サービス)として”Acronis Backup Gateway”を選択し、ストレージタイプをパブリッククラウド選択します:

Refer the link below : Create A Gateway to the Public Cloud

Install5.png

  1. ネットワークインターフェースに役割を割り当てます:

Install6.png

  1. Wasabi Cloud endpointを構成する:

Install7.png

8.以下のようにAcronis Backup GatewayサーバーのDNS名を構成します:

Note(注): Acronis Storage GatewayのIPアドレスでFQDNとしてwasabi-acronis-gateway.com"が返ってくることを確認して下さい。例:Acronis Storage GatewayのIPが192.168.1.100の場合、nslookupで"wasabi-acronis-gateway.com"指定し実行すると192.168.1.100の結果が返ってきます。

mceclip8.png

  1. 正しいAcronis Backup Softwareポイントします:

Install9.png

  1. 管理コンソールでのAcronis Storage Gatewayの構成

次のリンクを参照してください - Configure Storage Gateway

この例では、Wasabiの「US West: us-west-1 Storageリージョンの使用について説明しております。他のWasabi Storageリージョンをご利用する場合はこちらの記事で説明されているWasabiサービスURLをご利用ください。 

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください